クラミジアになるとどんな症状が出るの?

クラミジアはとても恐ろしい病気です。
あまり馴染みがないかもしれませんが、放っておくとさらにひどくなってしまったり不妊症に陥ってしまう場合もあります。
そうなってしまってからでは遅いので早めに治療をしていくことが大切です。
クラミジアの主な症状は、特にありません。
自覚症状がなく進行していってしまうのがクラミジアの怖いところです。
性器クラミジアの場合、男性は5割ぐらいが女性は7割から8割ぐらいが自覚症状がなく気がついた時には手遅れになってしまっていることが多いです。

男性の場合は、尿道に炎症が起こってしまい尿道炎を発症してしまいます。
中には痛みだけではなく、かゆみが生じてきて尿道から分泌液が出てきてしまうこともあります。
感染を放置してしまうと痛みが起こるだけではなく男性不妊になってしまう場合もあります。

女性がクラミジアに感染してしまった場合には、まずおりものが増えたり不正出血が出てきたりします。
その他には生理ではない時に生理痛のような痛みが出てきたりします。
感染を放置してしまうと、子宮内膜炎や子宮頸管炎、卵管炎や骨盤腹膜炎になってしまうこともあります。
ひどい場合は臓器にまで広がってしまうこともあります。
知らず知らずのうちに放置してしまうと、将来的に不妊症になってしまう可能性が高まります。

症状が出ないことが多いクラミジアですが、早期発見早期治療が一番の治すことができる近道です。
クラミジアの潜伏期間は1週間から3週間となっていますので、期間内に治療を受けることが望ましいです。
パートナーがクラミジアであると診断された場合は、自覚症状がなくてもすぐに診察を受けるようにしましょう。

抗菌薬を飲むと完治させることができますので、パートナーと一緒に飲むことで二人同時に治療をすることができて一石二鳥です。
自覚症状がないからと言って自分は大丈夫と安心することはやめましょう。
気になる方は検査をするといいです。

クラミジアの原因と感染経路

クラミジアになってしまう原因とは、ほとんどが性行為です。
精液や膣分泌液、血液や唾液などからうつる可能性が高いのです。
銭湯やスポーツクラブなどでうつると言われていますが、そのようなことはまずありません。
感染経路としては、性交渉の時に細菌が性器同士の接触により男性の尿道と子宮頸管との間を行き来するパターンがほとんどです。
また、オーラルセックスやアナルセックスにより、咽頭や直腸がクラミジアの感染源になってしまう場合もあります。
クラミジアによる男性の尿道炎の最大の感染原因は、オーラルセックスです。

感染経路は性交渉がほとんどですが、クラミジアに感染している女性が妊娠をして出産をする時に、母子感染としてお腹の赤ちゃんにうつってしまうことがあります。
赤ちゃんが感染してしまうと、結膜炎や肺炎、慢性的な気管支炎になってしまう場合がありますので注意しましょう。
妊娠がわかった時に早めに治療しなければ、後々になって流産をしてしまう可能性が高まりますので赤ちゃんに感染させないためにも早めに治療をするようにしましょう。
クラミジアは自然に治癒していくことはまずありません。
ごく稀に、風邪やその他の病気で病院からもらった抗生物質を飲んだことで知らないうちに治ってしまっていることがあります。

クラミジアを放置していると、HIVに感染してしまう倍率が高まってしまいますので放置することは避けましょう。
性感染症の中でも最も患者数が多いと言われていますが、若者を中心に年々増えてきていることは間違いありません。
他人事だと思わないで検査を進んで受けたり、感染しないように気をつけていくことが非常に大切です。
自分の身体を守っていきましょう。

Latest Post