性病として認知されているカンジダ症ですが、実はカンジダ症は性病とは言い切れません。
カンジダ菌は皮膚や粘膜に存在するカンジダ菌によって自己感染することが殆どになり、性器カンジダ症はカンジダ症の一つになります。
勿論男性の場合はカンジダ症を発症している女性と性行為をして感染することも稀にありますし、感染している男性から女性に感染させることもあります。
そういう点では性病と言えなくもありません。
ですが実際は自己感染によるものが殆どになります。

世の中には性病なんだから不貞行為を働いた、という誤解で関係を壊してしまう例もあります。
女性ならカンジダ症にかかる危険性は男性よりもはるかに高いです。
男性は性器が皮膚ですが、女性は粘膜のため感染しやすいからです。
これからカンジダ症に対する理解を高めて対策を考えていきましょう。

カンジダってどんな病気?

クエスチョンと疑問に思う女性

まずはカンジダ症についてどんなものなのか知ることが重要です。
カンジダ症は女性の場合は強いかゆみとおりものがヨーグルト状、もしくはぽろぽろしたカッテージチーズ状になることが一番特徴的な症状と言われています。
更にかゆみが悪化して痛みを発症したり、性交痛、排尿障害を呈することもあります。
もしもこの時に無理して性行為をすると相手への感染もそうですが、自分の症状が悪化することがあります。
もしかしてカンジダ症かもと思ったら性行為は控えましょう。

男性の場合は先端部分のかゆみやただれ、みずぶくれの症状が出て、稀に尿道炎を併発することがあります。
しかし発症しにくいため、発症する場合は包茎で衛生的に良くない、蒸れている状態だったり、糖尿病との併発であることが多い様です。

実は性行為による感染は約5%となっています。
性行為が原因で5%は感染し得ると考えれば確かに性病という側面もあります。
実は女性がカンジダ症を発症していて性行為をして感染することはあまりありません。
寧ろ感染している男性の方から女性に発症させることの方が多いです。
女性の場合は強いかゆみや痛み等の症状があるため、カンジダ症を発症していれば性行為を避けます。
一方男性は自覚症状がない場合が多いです。
そのため、性行為を避けようということがなく、避妊具を付けずにしてしまうと感染し得るということになります。

しかし残りの95%は自己感染によるものです。
カンジダ症は日和見感染症と言われています。
日和見感染症とは普段は威力を持たない細菌が免疫力の低下などによって発症することを指します。
つまりカンジダ症が発症するのは9割以上が本人の免疫力の低下によるものが原因であるということになり、性病とは言い難いということがわかります。

また、カンジダ症に類似した病気も覚えておきましょう。
おりものに異常が出るのが膣トリコモナス炎、細菌性膣炎、子宮頸管炎の3つになります。

膣トリコモナス炎はおりものの量が増え、白色から黄色がかったおりものになります。
細菌性膣炎はおりものの色が灰色がかり、魚臭い匂いを放ちます。
最後の子宮頸管炎はおりものが薄い黄色から薄い緑色になり、通常よりも水っぽくなったり粘っこくなったりするのです。

これらは普段から自分のおりものの状態を把握していないとわかりません。
女性の場合、月経周期の把握のために自分のおりものの観察をしている方も多いと思います。
どうしても月経周期の間でおりものの状態は変わりますが、普段と違うなと思ったら婦人科に行って診てもらいましょう。

かゆみの出る類似した病気もあります。
それが性器ヘルペス、接触性皮膚炎、皮膚掻痒症の3つになります。

性器ヘルペスは性器に水ぶくれが出て強いかゆみが特徴です。
接触性皮膚炎はかゆみを伴う湿疹が出ます。
最後が皮膚掻痒症で、見た目に変化はありませんがかゆみが出ます。

これらもおりものの違いを見ながら判断しましょう。
しかしどれであっても病院へ行って診てもらうことをお勧めします。

カンジダの原因、感染経路

ストレスでベッドから動けなくなっている女性

カンジダ症の原因、感染経路も把握しておきましょう。
実は膣内に常在菌として存在する真菌、カンジダ菌による感染経路が殆どの原因になります。
感染経路としては性行為もありますが、それは上記でも述べた通り5%に過ぎません。

まずは自己感染はどうして起きるのか説明します。
実は女性の膣内には様々な常在菌があります。
カンジダ菌はその内の一つです。
なので女性なら誰でも起こり得るし、男性よりも女性にカンジダ症が発症しやすいのです。
常在菌であっても常にカンジダ症を発症している訳ではありません。
それではどのような条件で発症するのか見ていきましょう。

まず第一が免疫力が低下した時です。
例えば風邪を引いたりストレスを感じていたり寝不足だったりすると免疫力は低下します。
そうすると元気な時には抑えられた膣内の細菌のバランスが保てなくなります。
そしてカンジダ菌がバランスを崩して突出して増殖すると発症する仕組みです。
また、抗生物質を服用していても発症することがあります。
抗生物質により膣内に存在する善玉菌まで排除してしまい相対的にカンジダ菌が増加してしまうためです。

次はホルモンバランスが崩れた時です。
月経の時や妊娠している時はホルモンのバランスが通常と違います。
月経の時には膣内が酸性になるため、カンジダ菌が繁殖しやすくなるのです。
妊娠の時には体力も免疫力も落ちています。
それだけではなく膣内の自浄作用も落ちているため繁殖しやすくなります。

また、意外かもしれませんが膣の洗浄のし過ぎも要注意なのです。
おりものが、経血が、匂いが、ということが気になって石鹸でしっかり洗います、というのは実は危険行為なのです。
石鹸で洗うと膣内の細菌バランス、pHが崩れてしまい、感染症にかかりやすくなります。
膣内まで洗浄をしなくても膣内に石鹸は入り込みます。
そうすると肌と違って粘膜の膣は石鹸の有害成分をより吸収しやすいため危険です。
洗いすぎると細菌が入りやすくなるのです。
そのためぬるま湯で洗い流す程度に留めましょう。

夏場等の高温多湿な状態のカンジダ菌が変色しやすい環境を作り上げることは危険です。
例えば生理用ナプキンで蒸れていることも危険です。
きつめの下着を着ていたりしていても風通りが悪くなり蒸れやすくなります。
妊娠していると体温も高くなって蒸れることもかかりやすい理由の一つです。

最後が性行為による感染です。
女性は自覚症状が強いのですが男性はあまり出ません。
男性の性器は皮膚ですから性行為後にしっかり洗い流せばかかることは殆どないと言われています。
しかし包茎だと洗い流しにくく蒸れやすいという条件が揃って発症しやすくなります。
ですがカンジダ症をうつしやすいのは男性から女性の方が多いと言われています。
カンジダ症を女性の病気と侮らず、男性自身もカンジダ症について知識を持って対応しましょう。

カンジダは自然治癒するのか?

看護師

悪化してしまえば自然治癒は難しくなりますが、軽度の場合は自然治癒が可能です。
免疫力が低下している時にカンジダ症が発症しやすくなるため、体調が良くなって免疫力が向上すれば症状は治まります。
しかし、再発を繰り返しやすいのがカンジダ症の特徴です。
自然治癒を効果的にするためには生活改善が必須になります。

アメリカでは一般的なのですが、カンジダ症にはヨーグルトと言われています。
乳酸菌が良い働きをするそうです。
そのためヨーグルトを直接塗るという噂もありますがお勧めしません。

また、加糖のヨーグルトを食べても成果は出ません。
糖分はカンジダ菌にとって大好物です。
それを摂取し続けては逆に悪化する可能性もあります。
それよりも腸まで届く乳酸菌と謳われているサプリメントを摂取する方が手軽に続けやすく膣内環境の改善に繋がります。
妊娠している方にも出やすいカンジダ症ですが、無糖のヨーグルトや乳酸菌のサプリメントの摂取なら妊娠していても取り組めます。

次が糖分を控えることです。
実はカンジダ菌はカビの一種なのですが、イースト菌の仲間ともいわれています。
これはカンジダ菌がカビとしての性質とイーストとしての性質の両方を併せ持っていることに関係します。
イーストにとって糖分は大好物で、先ほども述べた通りカンジダ菌にとって糖分が多い環境は繁殖のしやすい格好の場になります。
そのため砂糖、ブドウ糖加糖液糖等は要注意です。

他に避けたいものがイースト、グルテンを含む食品です。
カンジダ菌の栄養分となるものにイースト、グルテンが含まれています。
しかもパンはイーストも砂糖も多量に含みます。
カンジダ症の自然治癒には敵と言えます。

しかしこれらはあくまで軽度のカンジダ症の場合のみです。
カンジダ症の再発防止や予防方法にもなるので、食生活を改善をしたいという方にはお勧めです。
食生活の改善に関してはあまり細かい所までいくと食べられるものがなくなってしまいます。
そのため量の調節をして改善を図りましょう。

重度の場合には病院に行って治療することが基本です。
病院ではイタミゾール系の抗真菌剤の膣錠と軟膏を使用します。
男性の場合は軟膏だけですが、女性の場合は連日婦人科に行って膣洗浄を行う必要があります。

カンジダ症は再発しやすい病気になります。
そうすると連日病院に通うのは面倒です。
もしも一度診断されて同じ様な症状が出た場合は市販薬を使うのも手です。
薬局に行って薬剤師と相談して購入して下さい。
もしもそれでも良くならないようでしたら違う病気の可能性もあるので病院に行きましょう。

カンジダ菌は膣内に常在菌として存在します。
あるきっかけで発現するだけで共生しているのです。
そのきっかけは免疫力の低下だったり環境変化だったり様々です。
しかし予防方法を普段から実践していれば発現するリスクも下がりますので、是非やってみましょう。

カンジダの予防方法

運動後ドリンクを飲んでいる女性

最後にカンジダ症の予防方法についてです。
カンジダの予防方法は自然治癒と同様に生活習慣の改善等になります。
カンジダ菌は免疫力の低下によって発現する病気です。
そのため免疫力を上げるのが一番になります。
それではどのようにすれば良いのか説明していきます。

まずは食生活の改善です。
先に述べた通り無糖のヨーグルトは便秘にも良いですし毎日摂取すると良いです。
加糖だと逆効果になりますが、オリゴ糖は実は善玉菌を増やす効果があります。
ヨーグルトにかけて食べればより効果的です。

他にもカロチンを含む食品も、免疫力向上の作用があります。
人参、小松菜等が多くカロチンを含んでいます。
実際の食事はこれらの野菜に限らず、野菜を中心とした食生活にすることをお勧めします。
ただし糖質を多く含む野菜は量をあまり摂らない様にしましょう。

次に睡眠不足についてですが、睡眠不足はどうしても免疫力の低下に繋がります。
人間は起きている間に起きた出来事を寝ている時間に整理すると言われていますが、それだけではありません。
寝る子は良く育つという諺がある通り、夜間寝ている間には成長ホルモンが分泌されます。
それ以外にも様々なホルモンが分泌されるので、夜しっかり寝ることで良質なホルモンが分泌され、免疫力の向上に繋がります。

そしてストレス解消も実は重要なのです。
ストレスが溜まると免疫力に関係の深い副腎にダメージを与えることになります。
しかしストレス解消は一朝一夕に出来るものではありません。
長期計画的に行う必要があります。

睡眠不足もストレスの要因になりますので注意しましょう。
ストレスは精神面でも徐々に蝕んでいき、体力も削っていきます。
自分なりにどうストレスを解消するのが有効か知り、定期的に実行していきましょう。

健康的な体作りとして運動も有効です。
体力がつくだけではなく、無理なくすればストレスの解消と睡眠の両方に良い働きをしてくれて一石三鳥という訳です。
休日には思いっきり体を動かすと良いです。

カンジダ症は女性には誰にでも潜んでいる病気です。
男性の場合は症状が軽いから自覚症状がないこともありますが、それで誰かに感染させてしまうこともあります。
男女ともにカンジダ症に対する理解を深めるべきです。
女性特有の性病であると認識されがちですが、そうではないことをパートナーと理解を深めていきましょう。

カンジダ症は予防することも可能です。
予防方法は健康的な体作りとも直結しています。
ちょっと体に気を付けている人であれば既に実践していることも多いのではないでしょうか。
良質な食生活、睡眠、ストレス解消はどれも大事なことです。

ですが現在の日本では全てを解消するのは難しいことです。
自分の出来る範囲で少しずつ実行していきましょう。
そして長期スパンで予防方法の範囲を広げていき、カンジダ症に負けない体を作っていきましょう。

Latest Post